医学部予備校の学費が高い理由とは

私立大学であれば2千万円であれば安い方

医学部 予備校 / 医学部予備校メディカルラボ

医学部予備校の学費が高額に設定されている理由完全個別指導型であれば多額の人件費がかかる私立大学であれば2千万円であれば安い方

大学の入学金・授業料なども含めてトータルで支払う金額を考慮すると、受験対策のために多額の費用をかけると損をしてしまいます。
医・歯学部については、国公立と私立の大学では入学から卒業までにトータルで学校に支払う費用が大きく異なります。
国立大学に6年間在籍して卒業するために必要な費用(入学金と授業料)は約350万円程度ですが、私立大学の場合は2千万円かそれ以上です。
私立大学であれば2千万円であれば安い方で、卒業するまでに4千万円以上の学費が必要な学校もあります。
国立大学であれば基本的に入学後に授業料以外の費用を学校に支払う必要はありませんが、私立大学であれば授業料の他に施設使用料・教材費・寄付金などの名目で学生が負担をしなければならない費用がたくさんあります。
最終的に取得することができる免許(医師免許や歯科医師免許)は同じですが、国公立大学と私立大学では卒業するまでに必要な費用が数千万円というオーダーで違います。
私立大学でも授業料の差が非常に大きく、卒業するまでにトータルで必要な費用が2〜3千万円も違う場合があるほどです。
医学部は入学する学校が違うと、新築住宅が購入できるほどの授業料の差が出てしまいます。
このような事情で、医・歯学部に関しては仮に受験対策のために1千万円もの講習料を支払ったとしても、授業料が安い大学に入学するメリットが存在します。
医学部予備校は高級乗用車が購入できるほどの費用がかかりますが、授業料が安い大学に入学できれば新築住宅1軒分の費用を節約することができるという訳です。
学校のブランドやその他の事情も考慮しなければなりませんが、単純に大学を卒業して医師または歯科医師の免許を取得するために必要な経費の一部と考えるならば消費者にとって十分なメリットがあります。
このため医・歯学部の受験対策に特化した予備校は、学費が高額であったとしてもビジネスとして十分成り立つことが分かります。